安過ぎるけど安全面は大丈夫?

- 安過ぎるけど安全面は大丈夫?

安過ぎるけど安全面は大丈夫?

格安航空券を実現し、私たちに空の旅を身近なものにしてくれたLCC。
しかし安さゆえに気になるのが安全面。

利用しても本当に大丈夫なのか?みなさんの疑問に迫ります。

大手航空会社と何も変わりません

価格面だけに焦点を当てると、明らかに危険だと思ってしまいます。
しかし格安航空会社の安全基準は既存航空会社と同クラスです。

「格安航空会社だから危ない」「安かろう、悪かろう」という認識はまったくの誤りです。
そんな根拠のない不安は必要ありません。安心して利用して下さい。

飛行機が再利用なの?

海外の格安航空会社などでは欧米の航空会社の機材を再利用しています。
しかし日本の格安航空会社ではそのタイプはごくまれです。

なぜならば新機材を導入した方が燃費も良く、メンテナンス面も手間がかからずコスト削減に直結します。
格安航空会社を利用したことがある方はご存じかと思いますが、機体の綺麗さに驚きます。

既存の航空会社の機体ももちろん綺麗ですが、参入間もない格安航空会社の機体は格別にピカピカです。

パイロットの腕に差はある?

格安航空会社では基本的にパイロットの新卒採用は行いません。
即戦力となるパイロットを中途で採用しています。

国内で経験を積んだ有能な人材を採用しているので、パイロットの操縦技術に問題はありません。


機体の整備や保守管理に問題は?

日本の格安航空会社では新しい機材を導入するケースが非常に多いです。
新しい機材は故障の発生率も低く、メンテナンスも容易です。
この点からも安全性を確保しやすくなっています。

また整備作業を行うスタッフも、大手航空会社からアウトソーシングしている場合も多く、整備のレベルも大手航空会社に劣らないことが伺えます。

安くて安心!それが格安航空会社

良くも悪くも、その安さから注目を集める格安航空会社の格安チケット。

「品質の良いものは、高値で取引される」私たち消費者の中にはそのような暗黙の認識があります。
しかし格安航空会社の安さは、サービスや技術面の低さからではなく、必要なオプションは消費者が選んで申し込めるスタイルにしてあるだけのことです。

「格安航空会社だから安全じゃない」「パイロットも経験が浅い」そんな偏見に惑わされず、今後は安心して格安航空会社を活用しましょう。