LCCを扱う旅行代理店が少ないのはなぜ?

- LCCを扱う旅行代理店が少ないのはなぜ?

LCCを扱う旅行代理店が少ないのはなぜ?

格安航空券の「LCC」と、安いイメージの象徴である「パッケージツアー」。
この2つがコラボレーションすればかなり期待のもてるサービスです

しかしLCCを利用したパッケージツアーはあまり見かけません。
「就航本数が少ないから?」と思われがちですが、実は理由は他にありました。

安い格安航空会社をパッケージツアーにすればもっとお得?

各格安航空会社のホームページから購入可能な格安航空チケット。
片道からでも購入できて、十分に安いけど、パッケージツアーがあるならそっちの方がかなり安いのでは・・・そんな考えが浮かびます。

しかしインターネットなどで検索をかけてみても、意外に数が少ない格安航空会社のパッケージツアー。
その理由がわかりました。

格安航空会社側がパッケージツアーを必要としていない?

ここ数年、就航便や路線の増加が勢いを増している格安航空会社。
就航便数も格段に増え、格安航空会社各社とも旅行会社にも販売経路を拡大できれば、そう思っています。

しかし格安航空会社は旅行会社を間に介さないことでコストを省いている事実もあります。
これは旅行会社側から言えば「格安航空会社からは満足な中間マージンがもらえない」ということになります。


払い戻しがされない格安航空会社のシステムも関係

また格安航空会社は悪天候などで欠航となった場合でも、他航空会社の便への振り替えは原則として行っていません。
再予約をするにしても、別便が出るまで空港で待機するしかありません。

その辺りも旅行会社からすると、出来れば避けたい点でもあります。
旅行会社の“プロ”の目からみて、万が一でもお客様のリスクは回避したいものなのです。

両者の利害が不一致

旅行会社が企画しているパッケージツアーでは、事前に一定数の座席数を確保する必要があります。
このため航空会社は旅行会社へ「IT運賃」と称して、パッケージツアー向けの航空チケットを支給しています。
航空会社は座席を早い段階で売り切りたいと思っています。

しかしキャンセルの期限などは旅行会社に有利な条件になっているとも言われています。
格安航空会社と旅行会社、両者にとってあまりメリットがないものが「パッケージツアー」のようです。