ツアーとLCCはどっちがお得?格安航空券のメリットを紹介!

- LCC航空券とパッケージツアー!実際にお得なのがどっち?

LCC航空券とパッケージツアー!実際にお得なのがどっち?

格安航空チケットで知られるLCC。
往復航空券+宿泊ホテルなどが込みでお得なパッケージツアー。

航空チケットだけで購入した方が安い?それともパックツアーの方がお得?
そんな疑問に迫ります。


各社の大体の目安が知りたい!

みなさんが気になっているのは「どこの格安航空会社が一番安いのか」です。

それではスカイマーク、ジェットスター、バニラエアを比較してみます。
成田発、那覇着で同一のとある日程で、片道チケットの料金検索をかけてみます。
結果はスカイマーク10900円、ジェットスター9190円、バニラエア9690円でした。

各社そこまで大きな差がないと解ります。
到着時間を変更することで値段も上がっていくので、自分の条件に合う中から一番お得な航空チケットを選択しましょう。

ホテルと航空チケットは別々に取るべき?

インターネットがかなり普及している現在、旅行情報サイトでは格安航空チケットやパッケージツアー、宿泊ホテルの予約が自分で簡単に行えるようになりました。
最安値検索をすることが容易なため、「より安く」を求める利用者のツールとなっています。

そこで気になってくるのが「パッケージツアー」と「格安航空チケット+ホテル宿泊費」どちらを利用する方が安いのかという問題です。

その答えは後者になります。
ホテルと航空チケットは別々に手配する方が安く済む場合が多いです。

旅行会社のホームページに表記されているパッケージツアーの金額は最安値です。
平日や夜のフライトなど、様々な制限がかかっている日程です。

あなたが実際に利用しようとする週末や大型連休では、追加料金が発生することは免れません。

格安航空会社を扱う旅行代理店が少ないのはなぜ?

そうは言っても格安航空会社を利用したパッケージツアーってあまり見かけませんよね?
就航本数が少ないからと思われがちですが、実は理由は他にありました。

旅行代理店にとっては「格安航空会社からは満足な中間マージンがもらえない」からです。
旅行代理店を介さないことで中間コストを省いているため、両者にとってビジネスモデルの不一致が起こっています。

こんなに安いと安全面が心配

しかし低価格は嬉しい反面、安全性が気になります。
しかし格安航空会社の安全基準は大手航空会社と同等です。

「格安航空会社だから危ない」「安かろう、悪かろう」という認識は誤りです。

格安航空会社の新拠点「成田空港第3旅客ターミナル」

これまで関空、那覇が主流になっていた格安航空会社。
成田空港の第3ターミナルの完成により更なる盛り上がりを見せています。

24時間自由に利用できる休憩スペースや、搭乗ゲートから歩いて搭乗できるなど、かなり大きな反響を呼んでいます。
今までのような我慢や、居心地の悪さとは無縁の環境の旅客ターミナルが実現しました。

少しの手間で安く飛べる

「ホテルと航空チケットを別々に購入する」「その時期、一番安い格安航空会社でチケットをとる」など、ある程度自分から情報を取りに行き、手間をかけないと格安航空会社は使いこなせません。

しかし上記でも触れましたが安全性にも問題はなく、快適に使えるスペースがある。
そんな楽しい旅行のためなら、ある程度の労力は惜しくはないと思います。

新着情報

◆2015/12/18
サイトマップを新規投稿しました。
◆2015/12/17
LCCを扱う旅行代理店が少ないのはなぜ?の情報を更新しました。
◆2015/12/17
格安航空券の料金相場が知りたいの情報を更新しました。
◆2015/12/17
安過ぎるけど安全面は大丈夫?の情報を更新しました。
◆2015/12/17
宿泊ホテルと航空券は別々に取るべき?の情報を更新しました。